歯周病治療

口臭、歯茎から血が出るなどの症状

歯を失う原因の多くは歯周病!

お口のトラブルの多くは、痛みのあるむし歯と歯周病です。
そして歯を抜くことになる原因の第1位は歯周病です。なんと日本人の成人の80%が歯周病と言われています。
歯周病は自覚症状がほとんどない「静かなる病気」と呼ばれ、進行していくと歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かし、やがて歯が抜けてしまうため注意が必要です。

細菌が歯ぐきとしそうこつ歯槽骨を攻撃している!

歯周病は細菌による感染症です。
細菌が歯ぐきと歯を支えている歯槽骨を攻撃することで炎症をおこし、
どんどん歯ぐきと歯槽骨を溶かしていきます。
さらには歯と歯ぐきの間には歯周ポケットと呼ばれる2mm程度のスキマがあり、このスキマに菌がたまることで炎症、菌の蔓延による歯周ポケット拡大…と悪循環が生まれてしまいます。

歯周病の進行度

「歯周病になると歯が抜ける」原理

  • ピンク色の歯ぐきです。
  • 歯石や歯垢がたまりはじめます。歯ぐき(歯肉)が赤く腫れ、歯みがきをすると出血します。
  • 見た目は歯肉炎のようですが歯ぐきの中、歯を支える骨が溶け始めています。
  • 骨が溶け、歯ぐきが下がり、歯がグラグラします。歯ぐきが腫れ、口臭・出血があります。
  • 重度歯周炎歯ぐきが化膿し、腫れたり引いたりを繰り返します。やがて歯は抜け落ちてしまいます。

初期の段階(歯肉炎)なら歯みがき改善や
歯医者での治療で治ります。

歯周炎がひどくなればなるほど、歯を支える骨や周囲の組織の完全な修復は難しくなります。
ですから歯周病は早い段階での発見と治療が重要になってきます。
ひまわりでは歯科医院での治療(プロフェッショナルケア)とご自身が家でおこなう歯みがきなどのセルフケアの指導で、あなたのお口の健康をサポートします。

ご自宅で●歯みがき●歯間ブラシなどのケア●食事や生活習慣
ひまわりで●歯みがき●歯間ブラシなどのケア●食事や生活習慣

検査結果に基づいたあなただけの治療計画で
歯周病ケアをサポートしていきます!

歯周病かも?!セルフチェック表

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • 歯みがき中や食事中に歯ぐきから血が出る。
  • 口臭が気になる。
  • 歯ぐきが腫れている。
  • 食べ物がよくはさまるようになった。
  • 硬いものを噛むと痛む、噛みにくい。
  • 歯が長くなったような気がする。(歯ぐきが下がった)

1つでも当てはまった方はひまわりへ!!

できるだけ早く診てほしい!
そんな方はお電話でのご予約
お願いいたします。

0120-402-762

インターネット予約

インターネットでもご予約可能です

お口のお悩み・診療についてのお問い合せは
メールでも受け付けております。

メール無料相談はコチラ