インプラント

歯をなくされた方、入れ歯が困難な方など

失って初めて気づく歯のありがたみ

入れ歯を使っている方から、
もっと若い頃から歯を大切にしておけばよかった」
入れ歯というだけで、老けた感じがする」
噛みたいものが上手く噛めない」
というような歯を失って入れ歯になったことへの後悔を伺うことが多いです
特に、たくさんの歯を失っている方で、保険治療の入れ歯をご利用の方は、不自由を感じていることが多いようです。
まずご自身の歯を残せるように今からでもケアしていきましょう!

歯は1本ずつ失われていく

むし歯や歯周病で歯を失う。
失った部分が気になって反対側の歯ばかりで咬むようになったり、失った箇所の隣の歯に負担がかかって、そして次の歯を失う。
そうやって1本ずつ歯を失ってくと、次第に失うことに慣れてしまって、全ての歯を失うことを「仕方がない」と諦めてしまう。
1本抜けたところであれば、いくらでも手の打ちようがあったのに、非常にもったいないと思います。

歯を失う原因の多くは歯周病!まずは歯周病のケアをしっかりと!
一番してはいけないのは歯を失ったまま放置すること!

1本目の歯を失ったときこそ
インプラントの出番!

ひまわりでは、はじめの1本を失った時こそインプラント治療の最適なタイミングと考えています。なんとかその1本で食い止めたい。それ以上失わないようにすることがインプラントの最大の目的です。
何らかの理由で残念ながら失ってしまった歯。
その歯が担っていた役割をほかの健康な歯へのダメージなく回復させ、長期間良好な状態を維持することを期待する。それがインプラントの本来の役割だと思います。
インプラント以外にも入れ歯やブリッジなど治療法はあります。
しかし他の治療方法に比べてみると、インプラントは機能や耐久性にすぐれ見た目に関しても完璧に近いものです。
ひまわりの考えるインプラント治療は「次の歯を失うことを諦めないための手段」です。

インプラントについての不安や疑問をなくしたい!

最近の報道ではインプラントのデメリットや恐さなどばかりが取りあげられ、不安を抱かれる方も多いと思います。
いわゆる「インプラント失敗」とは、正しい治療ができなかったことが原因だと思います。

ひまわりでは治療に入る前には、十分にご説明した上で、入念な準備で安全を確保します。
わからないこと、不安に思っていることはもちろん、治療費や治療期間をご解説するとともに「将来どんな暮らしをしたいか」などライフスタイルも合わせて一緒に考えていきますのでぜひお聞かせください。
そして、手術前にCT撮影をし、医師、スタッフ、そして患者さんを交えて入念にシミュレーションを重ねてから手術をします。

ぜひご相談ください!
  • 治療計画

  • 治療方法

  • ライフ
    スタイル

  • 将来
    どうなりたいか

  • 不安解消

  • 治療費
    相談

ひまわりのインプラント治療のながれ

  • 1,カウンセリング、口内の精密検査
  • 2,診断結果説明
  • 3,むし歯や歯周病があれば先に治療
  • 4,1次手術(インプラントを埋入)
  • 5,消毒、経過観察(インプラントが骨に安定するのを待ちます)
  • 6,2次手術、かぶせものの製作
  • 7,メンテナンスへ

※症状や口内状態によって異なりますが治療期間はおおよそ8ヶ月〜になります。

すぐに相談したい!
お急ぎの方はお電話でのご予約
お願いいたします。

0120-402-762

インターネット予約

インターネットでもご予約可能です

お口のお悩み・診療についてのお問い合せは
メールでも受け付けております。

メール無料相談はコチラ