▼メニュー(タップ)
▲メニューを閉じる

審美歯科で歯を美しく

「やっぱり白い歯はキレイ!」、だれもがそう考えます。

人の数だけ、歯の見栄えに関する悩みがあります。

生まれつき、歯の色がグレーだったりしましまだったり、小さかったり、細かったり、歪んでいたり、凸凹していたり・・・

もしあなたが歯の見栄えに悩んでいるのなら、審美治療にトライしてみませんか?

 

気にならなければ問題ありません

shinbi00.jpg

以前治療した歯が銀歯になっていても、機能的に問題なくて、気にならなければ治療の必要はありません!

審美歯科は、銀歯をなんでもかんでも白くて高い歯にしましょうという話ではないんです。

ですが、あなたが「歯の見た目について悩むことで毎日消費するエネルギーが勿体無い!」と感じてしまったら、歯科医に相談するタイミングだと思います。

 

HIMAWARIの審美歯科は元通りにすること

shinbi01.jpg

「審美は保険が効かないから高い」
「普通に生活できるなら不必要」
「わたしは保険治療で十分」

いろいろなお考えがあると思います。

HIMAWARIの審美歯科に関する基本的な考え方は、「元通りにする」ということです。

生まれた時から銀歯の人なんていませんし、前歯一本だけ黄色い人も少ない。

むし歯で失った歯の一部は、どうやっても元通りにはなりません。

何らかの理由でそうなってしまった時に、歯のことが気になって生活に支障が出てしまう人もいます。

「機能だけでなく、見た目も元通りにしたい!」と思うのは、当然のことだと思います。

元通りにして、歯(の見た目)に関する悩みが無い生活を送ってもらうことが、HIMAWARIの審美歯科に対する基本的な考え方です。

 

 

理想を追求することも審美歯科

_S8R1472.jpg

イメージを上げるために歯を白くするホワイトニングは元通りとは違います。

でも、白いって、いいですよね?

人は本能的に、花でも、皿でも、紙でも、白さに美しさを感じます。

たくさんの子供を診療していますが、乳歯って、永久歯より白いんですよ。

うらやましいくらいに・・・にこっと笑顔の子供の歯はまぶしく輝いています。

歯のホワイトニングはそれほど難しいことではありません。

歯が白くなるだけで、生活が豊かに感じられるようになるのであれば十分に検討する価値があると思います。

 

保険適用について

審美歯科で使われる義歯には、いろいろな材料があり、作り方にも違いがあって、歯科技工士さんのレベルもいろいろです。

勘違いされがちですが、保険治療の範囲でも白い歯を選択することはできます。

しかしながら、保険にはルールがあって、それは機能重視の最低限の治療です。

見た目を追求すると保険適用外になります。

もちろん、日本の保険治療の基準が低いわけではありません。

世界的に見ればかなり高い水準にあります。

ただ、人によっては保険治療では希望には合わないことだってあります。

 

 

審美歯科の費用について

審美歯科の保険外治療は、こだわればこだわるほど、どうしてもお金がかかります。

一番は、自前の歯をキレイにすることです。これに勝るものはありません。

生まれつきで歯の色や形には個人差があります。

生まれた時からキレイな歯を持っていても、維持するためには予防が大切です。

長い間ケアを怠ってしまうと、折角のキレイな歯も台無しです。

「一本の歯の価格は100万円」なんて言葉がありますが、ほんの10年前は、いくらお金を払っても取り戻すことが出来ませんでした。

審美歯科の技術も日々進歩しています。

予算と努力次第で、失ったキレイな歯の見た目と機能を元通りにすることができるようになっています。

 

ひまわりではたくさんの選択肢をご用意します

shinbi02.jpg

どうやって元に戻すか、あるいはイメージアップを行うか、美しさの基準はみなさん違うので、たくさんの選択肢が必要とされます。

HIMAWARIでは、たくさんの選択肢をご用意できるように、日々審美歯科に関する新しい技術を学習し、高いレベルで皆さんに提供するための努力を続けています。

さすがに、ピンクや紫の歯にすることは歯科医師として抵抗ありますが、美しい歯を求めるみなさんの希望を叶えるのが審美歯科に携わる者としての使命です。

せっかくお金を出すのなら、納得いくまで、歯科医師と歯科衛生士と歯科技工士とタッグを組んで最高の笑顔目指しましょう!

あなたが納得できるまでとことんお付き合いします。

まずはご相談下さい!


診療科目

施設案内

スタッフ紹介

お手続き

ブログ一覧