▼メニュー(タップ)
▲メニューを閉じる

反対咬合(受け口)の治療

歯科診療所ひまわりでは、反対咬合(受け口)の治療は、通常の床矯正のタイプのほかに、パナシールド(床矯正研究会)やムーシールド(ロッキーマウンテンモリタ)といったマウスピースを主に就寝時に使用し改善を目指す方法があります。

早い時期では3歳から使用してもらいます。

6歳ぐらいまで使用し、その後は、必要により床矯正へと引き継いでいきます。

000.jpg001.jpg002.jpg

ムーシールドの改善例

004.jpg

症例1

4才女子・ムーシールド装着(就寝時のみ)3か月で受け口の改善がみられました。奥歯の噛み合わせ改善のため現在(4か月目)も装着を継続中。

詳しくはこちらへ⇒3才から6才の受け口治療

パナシールドでの改善例

005.jpg

症例1

パナシールドを9か月使用し、現在は永久歯への生え変わりまで経過観察中。使用後、半年程度で正常に咬めるようになったが、不安定であったためさらに3か月継続しました。

 


診療科目

施設案内

スタッフ紹介

お手続き

ブログ一覧