▼メニュー(タップ)
▲メニューを閉じる

床矯正 Q&A

いままでにみなさんから頂いた床矯正に関する疑問をまとめました。

ご覧になりたい項目をクリックしてください。

質問一覧

ここにない質問は無料メール相談から気軽にお問い合わせ下さい。

▲質問一覧へ戻る

Q1-床矯正をすると顔の形はどうなるの?

歯を動かすのではなく、顎を広げることでスペースが生まれ歯並びも良くなると聞きました。

顎が広がると顔の形、つまり顔つきが変わったりするのでしょうか?

小顔だったのにあごが大きくなって大きな顔になったりしないのでしょうか?

親知らずが普通に生えるほどあごが大きいのですがこれ以上あごが大きくなってしまうのが心配です。

院長 井上の考え

床矯正で歯を動かすことも行います。

顎を広げることについての考え方ですが、
「歯並びが悪い=顎が狭い=顎が正しい大きさに育成されていない」
と考えてみてください。

顎を歯が並べる正しい大きさに戻して、かむ機能を戻し、本来の『良い顔』に育成するのが床矯正の目的です。

顔は『良い顔』に変わるように考えます。

顎の部分だけ広がって、顔がおかしくなるということはありません。

親知らずが普通に生えるほど顎が大きいとのことですが、顎は前後には大きさがあるのかもしれません。

ただし、左右にはどうなのでしょうか。

現在生じている不正咬合の状態から治療法を選択すればよいと思います。

必ずしも全てが全て、顎を広げるということではありません。

▲質問一覧へ戻る

Q2-床矯正の目安

何歳くらいが良いといった床矯正の対象年齢というものはあるのでしょうか?

年齢別にどれくらいで歯並びが良くなるのかの目安を教えてください。

院長 井上の考え

床矯正では『良い顔』に育成することを目的としています。

一生の顔の形に関わる大切な問題ですので、治療開始は「おかしい」と感じた時です。

様子を見ていても状態が改善しなければ放置したことにならないでしょうか。

早期に相談していただき、歯科医師とともに開始時期を考えていくのがよいと思います。

受け口が心配な方は3?4歳でも相談に来ていただいてます。

永久歯が生え始めたら(5~6歳)相談に来ていただくのがよいと思います。

年齢別の治療期間の目安ですが、治療開始時期が早ければ早いほど治療は早期に終了するといえます。

何歳であっても軽微な歯列不正であれば半年ほどで改善がみられる場合も多いです。

ただし、床矯正は可撤式(取り外しできる)装置を利用するため装着していただかなければ治療は進みません。

就学前もしくは小学校の低学年で治療開始した場合、1~2年で改善する場合がほとんどです。

小学校の高学年以降では2年以上かかる場合が多いように思います。

▲質問一覧へ戻る

Q3-相談時にお金がかかるのでは?

床矯正について相談したいのですが、相談は無料とありますが初診料などはかかるのでしょうか?

院長 井上の考え

来院しての相談は完全に無料です。

来院前のメールでのご相談はこちらから。

▲質問一覧へ戻る

Q4-事前の検査って何をするの?

矯正をやる前の検査って実際にはどんな手順でどんなことをするのですか?

院長 井上の考え

矯正を開始することを決めた場合、レントゲンの撮影と型取りをさせていただきます。

歯や顔、全身の写真撮影もします。

また、オクルーザーというかみ合わせを見る機械でかむ力やバランスを確認します。

▲質問一覧へ戻る

Q5-検査費用っていくら必要なの?

床矯正をやる前の検査費用はいくらですか?

院長 井上の考え

型取りや写真撮影、オクルーザーでのかみ合わせの確認に別途費用をいただいてはいません。

初回相談の際に、矯正装置の必要となる目安の数、かかる費用なども具体的な数字として提示させていただきます。

▲質問一覧へ戻る

Q6-結局ワイヤー矯正をやることになるのでは?

床矯正をしても完璧にキレイになるとは限らないと聞いたのですが、もしキレイな歯並びにならなかった場合、あとから通常のワイヤー矯正をやることになるくらいだったら最初からワイヤー矯正でいいのではないのでしょうか?

院長 井上の考え

「歯並びが悪い=顎が狭い=顎が正しい大きさに育成されていない」 と考えて顎を歯が並べる正しい大きさに戻して対処します。

そのために使うのが床矯正の装置ですから、最初からワイヤー矯正ができる顎の大きさであればそれでいいと思います。

顎の大きさが足らない場合、床矯正で顎を正しい大きさまで広げるか、抜歯矯正を行うかの選択となります。

どちらを選ぶかは、本人、ご家族の判断次第となります。

▲質問一覧へ戻る

Q7-マウスピース矯正との違い

床矯正について調べているうちにインビザラインというマウスピースでの矯正方法を知りました。床矯正とどちらがいいのでしょうか?

院長 井上の考え

当院でもインビザラインと同じような「クリアアライナー」というマウスピースでの矯正も対処しています。

あくまで治療法の一つですので、適応できるかどうかの診断が必要でしょう。

床矯正の装置とマウスピースタイプを併用して治療することも可能です。

▲質問一覧へ戻る

Q8-取り外しできるのに直るの?

器具が取り外しできると聞きましたが、本当にしっかり治るのでしょうか?

院長 井上の考え

「しっかり」のレベルが何を示すかの問題となってくるお話かと思いますが、その判断はむずかしいです。

事前に床矯正の考え方を知っていただき、ご納得の上で治療を開始されることを願います。

▲質問一覧へ戻る

Q9-ワイヤー矯正と床矯正、どっちがいいの?

床矯正を勧める先生は

・抜歯しなくてもあごを広げることでキレイな歯並びになる。

・抜歯をしてまで並べる必要はなく、必要のない歯はない。

・どんな歯並びでもたいてい床矯正で対応できる。

通常のワイヤー矯正を勧める先生では

・床矯正をするにはあごが小さい。

・抜歯をしないとキレイな歯並びにならない。

・床矯正でも対応できるが、無理に広げるとあごに負担がかかってしまう。

・無理に床矯正してしまうと、抜歯の矯正をし直す場合が非常に多い

という説明を受けました。

どちらの説明も納得がいくため決めきれずにいます。どうしたら良いのでしょうか?

院長 井上の考え

どちらの方法も「こちらの方が優れている」というものではなく、それぞれにメリット・デメリットがあります。

最終的には、本人、ご家族の間で最終決定していただくしかありません。

実際に治療を受けている方の意見なども参考にして決定するのも良いのではないでしょうか。

歯科医師からの情報だけでなく、患者さんからの情報も知った上で、最良の判断をしていただくことが良いのではないでしょうか。

ひまわりにご相談頂ければ、入念な検査による十分な情報と、検査結果に基づいた選択肢をご提案させて頂きます。

▲質問一覧へ戻る

Q10-息子の永久歯が変な場所に生えてる。

子供の永久歯が変な場所から生えてきたのですが、矯正をした方が良いのはわかりますが、床矯正とワイヤー矯正のどっちを選択して良いかわからないので教えてください。

院長 井上の考え

ご相談頂ければ、歯の生えてくる場所によって最適なプランをご提案させて頂きます。

どちらでも対処可能な場合が多くなりますが、どちらでも良いのならお好きな方を選択していただければ良いと私は考えています。

どちらにもメリット・デメリットがございます。医師の説明を聞いた上で判断して頂ければと思います。

▲質問一覧へ戻る

Q11-床矯正って痛くないの?

個人差はもちろんあると思うのですが、痛みはどうなのでしょうか?よく矯正で寝て起きたら血まみれだったとか、痛くて取ってしまったとか聞くのですが、床矯正ではそこまでひどくないのでしょうか?

院長 井上の考え

痛みとまでいかなくても、装着感を感じる方が稀にいらっしゃいます。

ですが、床矯正の装置は取り外しができるため、痛みがあればすぐに外していただけます。

また、痛みが出た際の対処法も事前に説明させていただきます。

痛みを理由に治療を中断した方は当院では経験しておりませんのでご安心下さい。

▲質問一覧へ戻る

Q12-妊娠中にしても大丈夫?

床矯正の器具は妊娠には影響はないのでしょうか?たとえば環境ホルモンとか胎児への影響などがあるとしたら心配です。

院長 井上の考え

妊娠中はいろいろなものが心配の対象になると思います。

いくら安全を証明しても、自分のことではなくお腹のお子さんのことになれば心配がゼロになることはないのではないかと思います。

1年くらい治療をお休みしたって良いのではと思います。

体的にも精神的にも大変なことですので、まずは出産に集中して頂いて、産後に再開することができるのも床矯正のいいところです。

▲質問一覧へ戻る

Q13-床矯正の知名度は?

わたしの周りには床矯正のことを知っている人が少ないみたいです。もしかして普及しないのには何か理由があるのでしょうか?

院長 井上の考え

私の所属している床矯正研究会は、全国に会員のいる研究会です。

「床矯正研究会」のホームページで会員の名簿を見ていただければわかると思います。

日本各地で開催される症例検討会も、いつもたさんの会員の先生が参加されています。

普及していないとすれば、その理由は分かりません。

矯正治療の選択肢として認知度がもっと上がればと思います。

▲質問一覧へ戻る

Q14-専門医との差ってあるの?

友人から矯正をやるなら専門医がいいと言われたのですが、先生によって技術の差というのはあるのでしょうか?

院長 井上の考え

先生によって技術の差があるのは当然だと思います。それは専門医であっても同じです。

専門医が全てそうだというわけではありませんが、専門外があるということです。

「木を見て森を見ず」にならなければと思います。治療の対象は「人」ですから。

装置を設計する際は、当院院長、さらに鈴木設矢先生(床矯正研究会主幹)も確認したうえで行っています。

装置の作成は、主に床矯正専門の技工所で作成しています。使用する装置の品質は自信を持ってオススメできるくらい高いものであると思います!

▲質問一覧へ戻る

Q15-先生の経験数はどれくらい?

先生の年間の症例数は?

院長 井上の考え

年間400件以上の事例を行なっています。

豊富な経験からベストなプランを提案させていただく自信があります!

▲質問一覧へ戻る

Q16-床矯正患者さんの感想が聞きたい。

いくつか矯正医の相談を受けたが、それぞれが専門としている矯正のメリットと他の矯正のデメリットの説明をうけました。どの方法も納得がいくのですが、どれを選んでいいかわかりません。実際に体験談があると嬉しいのですが。

院長 井上より

こちらに当院で治療をされた患者さんのご協力で集まったアンケートについてまとめてあります。ぜひご覧ください!


診療科目

施設案内

スタッフ紹介

お手続き

ブログ一覧