▼メニュー(タップ)
▲メニューを閉じる

ひまわりの矯正歯科

なぜ矯正治療が必要なのでしょうか?

あなたは「矯正治療」について、どんなイメージを持っていますか? ひょっとして単に「歯並びを治す治療」というふうに思っていませんか?

先ずはその誤解を解くところから、説明したいと思います。

そもそも歯並びが悪い事によって、どんな不都合が起こるのでしょうか。

歯並びの悪さが引き起こす症例

ks02.jpg

まずは、歯並びが悪いことが、歯科医学的に良くない理由から見て行きましょう。

歯並びの悪さが引き起こす症例は、口の中だけの問題に留まらないこともあります。

1.むし歯や歯周病

口臭の原因になりやすい 歯並びが悪いと、歯ブラシの毛先が届きにくく、みがき残しができやすくなります。その為、むし歯や歯肉炎(歯ぐきの炎症のこと。歯肉炎にかかっていると、歯ぐきが赤くはれて、歯みがきのとき血が出たりする)になりやすいのです。 更に咬み合わせが悪くて、食べものがよくかめないと、だ液の量が減ってきて口の中の汚れがどんどんたまることになり、こうなると歯の病気だけではなく、口臭の原因になる事もあります。

2.あごの関節が痛くなりやすい

口を開けたとき耳のそばでカクカク音がしたり、口が大きく開かなかったり...。これが子供や女性に増えている顎関節症の症状です。悪い姿勢や精神的なストレス、歯ぎしりなど色々な原因がありますが、歯並びの悪さから起こる場合もあります。

3.消化が悪くなる

咬み合わせがよくないと、しっかりとかめないだけじゃなく、だ液の量が減って消化されないまま飲み込む事になります。消化されないまま食事をしている事は、お子様の成長を著しく阻害する原因にもなります。

4.発音がしにくい

症状によってはサ行やタ行の発音がハッキリしなくなる事があります。特に外国語の発音に困る事が考えられます。今後はますますグローバル社会が加速化されます。そんな中で外国語の発音に困ってしまうと、お子様も外国語を学ぶ事に対して前向きになれないかも知れません。

5.肩こりや頭痛が起こりやすい

咬み合わせが悪いと、なんとかうまく咬もうとして、あごが不自然な動きをするので、あごや筋肉にムリな力がかかってしまい、そのため頭痛や肩こりなどが起こることがあります。

 

ks00.jpg

 歯並びが悪い事によって、生活していく上で以上のようなへい害が起きやすくなります。

「矯正治療」というのは、単に「歯並びをキレイにする」といったものではなく、快適に生活していく上で非常に重要な役割を持つと考えられます。

歯並びが悪い事によって、生活上起こりうるへい害はここまでお話した通りですが、あともう一点、歯並びが悪い事によって、今後のその人の性格形成を決定しかねない事があります。

それは『笑顔を作りづらくする』という事です。

『感情』は『行動』によって作られる

ks01.jpg

「『感情』は『行動』によって作られる」という言葉があります。

 笑う事によって、楽しい感情、嬉しい感情が湧き起こるという考え方ができます。

それだけ「笑う事」「笑顔」というのは重要なのです。

しかし歯並びが気になる人というのは、どうしても自然に笑顔を作りだす事が出来ません。

『歯並びが悪いのを人に見られたくないな...』

『人前で笑顔を作ると、歯並びが悪いのがバレちゃうな...』

『なるべく人前で笑顔にならないようにしょう』

このような気持ちの積み重ねによって、表情そのものが暗くなってしまったり、人前での笑顔が不自然になったり、必要以上に手を口元にあてて笑うようになるのです。

このような事態を矯正治療によって改善していきませんか?

【治療の流れ】 おもに床矯正治療の場合

ここでは、主に床矯正を選択した場合の治療の流れを紹介していきます。

1.初診時矯正相談(無料)

ks03.jpg

当院をはじめて受診していただいた患者さんのお口の中を拝見して、歯並びの状態とその矯正治療について1時間程度ご説明いたします。また、当院の症例アルバムの中から同じような症例の治療例をご覧いただきます。

矯正相談料は無料です。 主に、以下のようなことについてご説明いたします。

  • 今の状態と今後の変化について
  • 矯正治療の開始時期について
  • 予測される治療期間
  • 治療費用(矯正装置の費用、必要数、予想される総額など)について
  • 抜歯や矯正治療中の痛みについて

2.矯正治療を開始されることを決められたら

_S8R1451.jpg

当然のことながら、矯正治療の開始は「検査」からスタートします。

歯並びの状態、むし歯、歯周病、顎の関節や筋肉の状態について細かに診察し、その後歯型をとり、歯並びのレントゲン写真も撮ります。

検査結果を踏まえた上で、年間400件を越える豊富な治療実績から、患者様にとってベストな矯正プランをご提案します。

 

3.歯型を技工所に送り、矯正装置を製作します。

ks05.jpg

検査結果から、「床矯正での治療」がベストと判断された場合、とらせていただいた歯型は技工所(東京)に送られ、床矯正研究会の主幹である鈴木説矢先生にも確認していただき装置を製作します。

床矯正研究会技工所は、高い技術を持ち、当院が信頼するメディカルパートナーです。

矯正装置の完成までには、1ヶ月ほどお時間をいただきます。

4.矯正装置の装着

ks06.jpg

矯正装置が完成したら、再度ご来院頂き、いよいよ装着となります。

この日から治療開始が本格的にスタートします。

装着時には、お口の中とお顔の写真を撮り、オクルーザーという機械でかみ合わせの力も確認します。装置の取り外しの練習や取り扱いについて詳しく説明し、注意文書もお渡しします。

お支払方法は、一括または分割のご相談にも応じます。治療費、お支払方法は詳しくはページ下部をご覧ください。

4.矯正装置の調節

1ヶ月後に装着状況と進み具合の確認をします。また必要によって矯正装置を調節します。その後は、治療の進み具合によって、1ヶ月から3ヶ月位の間隔で来院していただきます。

「○○が痛い!」「装置が壊れた!」などの緊急時には、ご連絡の上、ご来院いただければ対応いたします。

装置の状況により、装置の作り直しや作り変えが必要になる場合がありますので、その時期が来ましたら再度ご相談させていただきます。

5.ブラッシング指導

ks07.jpg

矯正治療の最中は、とにかくむし歯になりにくい歯を作っていく事が大切です。

そのために、定期的なチェックと歯ブラシの仕方などをお伝えしていきます。

お支払方法

治療費のお支払について 歯科診療所ひまわりでは、患者様の負担を最小限に抑える努力をしています。

支払方法には、現金一括払い、カード(JCB、VISA、MASTER、ORICO、DC、アメックス、ダイナースなど)によるリボ払い、分割払いがあります。

以上治療が完了するまでにいずれかの方法で治療費の精算をしていただきます。

小児矯正、床矯正は得意分野です!

「床矯正」は、抜歯を必要とせず、永久歯が生える前から成人後も良い顔を作っていくために有効とかんがえられる、矯正治療です。

床矯正、とくに乳幼児期からの治療は、ひまわりが最も得意とする分野です。

こちらに、床矯正について詳細な説明をご用意してます。

お子様の歯並びについてお悩みの方はぜひ御覧ください。

 


診療科目

施設案内

スタッフ紹介

お手続き

ブログ一覧